フリーワード検索:

チーム医療レベルアップ糖尿病セミナー<第5巻>

インクレチンへの期待、禁煙支援、糖尿病網膜症の管理など、チーム医療スタッフ必見です!

シリーズ名
糖尿病セミナーシリーズ
診療科
糖尿病・代謝・内分泌科 
収録内容
1.「インクレチンを用いた糖尿病治療への期待」
2.「1型糖尿病の治療とケア」
3.「糖尿病における禁煙支援のポイント」
4.「糖尿病網膜症の病期ごとの管理について」
講師
山田 祐一郎南 昌江高橋 裕子高木 均
収録時間
220 分
価格
7,500円 +税
発行日
2011-01-21
商品コード
CND0139

1.「インクレチンを用いた糖尿病治療への期待」


1906 年頃「十二指腸粘膜からの抽出液に、抗糖尿病作用がある」、1964 年頃「グルコースは注射よりも経口投与の方がインスリン分泌が亢進する」ことがわかり、これがインクレチンの生理的な役割と考えられるようになりました。インクレチン研究の第一人者である講師が基礎から臨床応用までの幅広い情報をお伝えします。
講師:山田 祐一郎 氏
※本番組は日本でのインクレチン関連薬発売前(2009年6月27日)に収録しました。

2.「1型糖尿病の治療とケア」
糖尿病治療で1番大切なことは、やはり「食事療法」と「運動療法」です。これらの行動が""つらいもの""ではなく、""楽しいもの""と思ってもらえるよう生活の中にいかに楽しく取り入れられるかを提案します。1型糖尿病患者の各年代のライフステージにおける特色・問題点・注意点について実体験談も加えて解説します。
講師 : 南 昌江 氏

3.「糖尿病における禁煙支援のポイント」
糖尿病患者には多くの行動制限が必要とされます。「禁煙」も行動制限のひとつ。糖尿病指導医は糖尿病患者の生活サポートに慣れているため、「禁煙指導にも適している」と言えるでしょう。禁煙に成功した患者の実例を紹介しながら、「禁煙する」と言わない人への対応(5R)等を伝授します。
講師:高橋 裕子 氏

4.「糖尿病網膜症の病期ごとの管理について」
「糖尿病網膜症になると失明する」と言われていますが実は間違いで、単純網膜症・前増殖網膜症・増殖網膜症と、進行の度合により徐々に悪くなっていきます。定期検査を受け、時間をかけて治療することにより、失明を防ぐことができるのです。病期ごとの内科的治療と積極的眼科治療を区別し、わかりやすいスライドで解説します。
講師:高木 均 氏

山田 祐一郎 ( やまだ ゆういちろう )氏 秋田大学大学院 内分泌・代謝・老年医学分野 教授

南 昌江 ( みなみ まさえ )氏 南昌江内科クリニック 院長

高橋 裕子 ( たかはし ゆうこ )氏 奈良女子大学 保健管理センター センター長・教授

高木 均 ( たかぎ ひとし )氏 聖マリアンナ医科大学 眼科 准教授

関連商品

会員の方へ